Conan☆Mimi☆Shastaの冒険

2匹のキャバリアとチワワの日記▼・ェ・▼
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年04月
ARCHIVE ≫ 2017年04月
      

≪ 前月 |  2017年04月  | 翌月 ≫

腹膜炎

病気の記録の続き

コナンの手術後、毎日面会に
でも、3日経っても何も口にしないし、元気がなくかなり心配に・・・
夜、病院から電話があり、明日朝再手術をさせてほしいので
明日病院にくるように言われました。

前回の手術で、胆嚢摘出の際かなり癒着がひどかったこと
摘出後のクリップが合わなかったことなど重なり
腹膜炎を起こしているので、緊急手術が必要となり
術後4日後に、再手術をしました。

前記事での、お腹の写真で穴をふさいだ箇所は
お腹の水を抜くため、管を通した痕です。
再手術も術後間もないこと、心臓の負担等かなり心配でしたが
このままほっといたら、死んでしまう
先生を信じてお願いするしか方法はありませんでした。
前回とめたクリップは使用せず、縦横厳重に糸で縫ったと
報告をうけました。
あとは、コナンの回復を祈るのみ

経過は極度の貧血状態にまたなってしまい
再度輸血するかというところでしたが、2回目以降の輸血は
なんとかやらずにすみました。
前足だけでは、もうさす箇所がなくなり、点滴を後ろ足にしてました。
このとき、足は点滴がとれないようにグルグル巻き状態

そして何も口にしなかったコナンが、ようやくご飯を食べれたのは
8日水曜日、この日は面会に行ったらすぐに尻尾フリフリ
笑顔で私を迎えてくれました。
これでもう元気になる。

そして翌日、無事退院できました。

DSC_0620.jpg

抜糸までコナンに個室を作ってあげたんだけど
なぜかいつもコナンが入ると、隣にはミミがいた(笑)

退院時に言われたこと、後ろ脚にしていた点滴が漏れて
足が一時的に腫れているが、マッサージ等してあげて
血流をよくしてあげるように。
腫れは数週間でよくなると・・・・

DSC_0626.jpg

写真をみると、足の太さが全然違いますよね?
左足太い  黒い点が点滴の針の痕
(コタツに上半身突っ込んでます)

ご飯もアレルギー食から、消化器サポート食に変更
抜糸までは、カイカイの薬(ステロイドはいってる)は飲ませないこと

以上の事を実行しながら、抜糸の日を心待ちにしてました。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
 

スポンサーサイト
未分類 | Comments(2) | Trackbacks(-)